家族葬の一般的な行い方

家族葬がどのような流れで行われているのか、ざっと知っておくと今後役立つでしょう。まず、葬儀での通夜の形式は以下の通りです。一般葬では受付がありますが、家族葬の場合はないことも多いです。内容は、僧侶の読経と遺族など参列者の焼香になります。一般葬では遺族以外の参列者の焼香、喪主の挨拶、通夜振る舞いというものがありますが、こちらも家族葬の場合はないことも多いです。

それから、告別式の流れですが、席につき僧侶が入場して会式の言葉で式が始まるのが大きな特徴です。僧侶読経、弔事というお別れの言葉が入ります。それから弔電の紹介がありますが、こちらは省かれることもあるようです。焼香、僧侶の退場、お別れ、喪主挨拶、閉式の言葉、出棺、火葬場へ向かい、骨を拾います。式場に行って、繰り上げの初七日法要を行います。これは、骨を拾う前にすることもあるのが大きな特徴です。仕上げと精進上げ、遺族が招待しますが骨を拾う前に行うこともあるようです。そして遺骨が家に戻ります。

これが家族葬の一般的な流れになります。家族葬は、他の葬儀よりもシンプルなので時間がかからず、すぐに終わることも多いです。家族葬の一般的な流れはこんな感じですが、地域でも葬儀のやり方が異なってくるので順番が変わることもあるようです。この点は注意が必要です。

家族葬は他の葬儀と同じ服装で大丈夫なのかと気になっているという人は多いのではないでしょうか。家族葬でも一般葬でも服装は喪服です。家族葬は金銭的にも負担が少ないので、シンプルに葬儀を行うことができるようになっています。家族葬は非常に人気の高い葬儀方法ですが、会葬者に対する儀礼やおもてなしに必要な時間が少なくすむのでその分、故人や家族への思いを反映しやすい他、落ち着いた雰囲気でゆっくりと葬儀を行うことができるようになっています。バタバタすることなく、落ち着いてゆっくりと葬儀をすることができ、金銭的な負担や精神的な負担も軽減できる葬儀で、自分に合ったものを行うことができるのです。是非参考にしてみてください。