家族葬の基本

家族葬は、葬儀の仕方の一つです。その名の通り、家族やごく一部の親しい人にだけで執り行うものです。そのため、気負うことなく、亡くなった人を送り出すことができるというのが大きな特徴です。大々的に行う大人数の葬儀ではないので、必要以上の気遣いは不要です。そういったこともあり、現在人気が急上昇している葬儀の方法です。一般葬との違いは、親しい近親者だけで執り行うため、余計な金額がかかるということがないのも大きなポイントです。

金銭的な負担も少ないですし、何と言っても大々的に行う葬儀ではないので、精神的な負担も少ないと言えるでしょう。葬儀を親しい人だけ集めてひっそりと行いたいという人も多いのではないでしょうか。そんな人にこそ、家族葬は向いています。家族葬は、葬儀のやり方も人それぞれで特に決まっていないのが大きな特徴です。一番カタチの決まっていない葬儀の一つで、その人に合ったスタイルの葬儀をすることができます。

家族葬と他の葬儀とで、着る服装にはどのような違いがあるのかよく知らないという人は多いのではないでしょうか。家族葬でも一般葬でも服装は喪服です。家族葬と一般葬ですが、大きな違いは亡くなったというお知らせをする時に参列することを遠慮する文章が入るということです。家族葬は、その家族によってどのような葬儀が行われるのか大きく異なってきます。その葬儀のスタイルに合わせるのが礼儀と言えるでしょう。

上記の通り、家族によって家族葬の方法は大きく異なってきます。少人数で行う葬儀と言っても、人によっては5人かもしれないですし30人かもしれません。1日葬という葬儀もありますが、こちらは通夜をしない葬儀のことをいいます。火葬のみを行う直葬がここ数年の間に増えてきています。ゆっくりと落ち着いて葬儀ができる家族葬は、少人数で親しい人だけでできるので人気です。今回は、家族葬の基本についてまとめました。小さな葬儀を行うもので、金銭的な負担や精神的な負担が少ないので、少人数の葬儀にしたいという人にはピッタリです。