家族葬のメリットとデメリット

葬儀方法には様々な種類のものがあり、メリットやデメリットも大きく異なってきます。家族葬をする場合にも、そのメリットとデメリットをよく知っておくと後悔の少ない葬儀を行うことができるでしょう。特に家族葬は、一般葬と違って顔見知りで葬儀を行うことができます。気を張ることなく、リラックスして精神的にゆっくりと落ち着いて葬儀ができる家族葬は人気です。少人数で葬儀を執り行うことができるので、5人や30人でも葬儀ができる点が大きな特徴です。

今人気が高まってきている家族葬は、精神的な負担も軽減されるので大きな注目を集めています。葬儀は、とても楽しいものではないので精神的に大きな負担がかかってしまいます。さらに費用もかかるものですが、家族葬は非常にシンプルに行うことができます。金銭的にもかなり安く費用が抑えられるので、金銭的にも精神的にも負担が軽減される、大きな特徴があります。ただ、デメリットもあるので知っておく必要があるでしょう。デメリットは、一般葬などよりは金銭的な負担が軽減されるのが大きな特徴ですが、他の葬儀よりも参加人数が少なくなるので香典の金額も少なくなるという点です。

この点は、家族葬の方が一般葬よりも金額が高くなる場合もあるので要注意です。家族葬は、心身の負担が少ない葬儀ですが、家の人に合わせたいと訪ねてくることもあるのが大きな特徴です。少しお茶を出したり、会話や御礼の品を用意したりすることもあります。こうした家にたずねてくる人もいるので、それがストレスになってしまうという人も少なくありません。手間がかかりますし、葬儀を知らせなかった人からも呼んでほしかったと言われることもあるようです。家族葬は、葬儀にかかる費用や負担は少ないですが、こうした点がストレスになることもあります。どのような葬儀方法なのか正しく知って、事前の準備をしておくとよいでしょう。最近人気が出てきた葬儀方法といっても、どんな葬儀なのか知らない人も多いです。地域性が強いところでは気をつけたい葬儀方法と言えるのではないでしょうか。